口腔ケアをしっかりしよう

歯磨きだけのケアはもう古い?最先端の口腔ケア

>

歯医者で行う口腔ケア

歯垢や歯石を除去する

歯に磨き残しがあると、そこに汚れが溜まります。
次第にこびりつき、歯垢や歯石といった汚れに変わると忘れないでください。
それらは歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじで落とすのが難しいです。
ですから定期的に歯医者に行き、クリーニングを受けましょう。
最近は口腔ケアが重要視されているので、クリーニングを実施している歯医者が増えています。

気軽に依頼し、口内を綺麗にしてもらいましょう。
クリーニングの時は、専用の機械を使います。
ですから歯にこびりついた歯垢や歯石でも落とせるので、気になる人は利用しましょう。
汚れが口内に溜まっていると病気だけでなく、口臭の原因になります。
周囲に迷惑をかけないためにも、口腔ケアを意識してください。

初期の虫歯に気づこう

クリーニングの時に、検診を受けられます。
医師に細かく口内をチェックしてもらうことで、虫歯を発症していないかわかります。
虫歯になったら痛みを感じたり、冷たい飲み物がしみたりするのですぐにわかると思っている人が多いでしょう。
しかしそれらの症状が出るのは、ある程度進行してからです。

まだ虫歯ができたばかりの時は、自覚症状がないので気づけません。
そのため医師に見てもらい、虫歯があれば治療してもらってください。
初期症状の段階で治療すると1回の通院で済みますし、治療費を削減できます。
また少し虫歯の部分を削るだけで良いので、痛みをほとんど感じない面がメリットです。
つまり定期検診は、自分への負担を削減することに繋がります。


この記事をシェアする