口腔ケアをしっかりしよう

歯磨きだけのケアはもう古い?最先端の口腔ケア

>

おすすめの口腔ケアとは

糸ようじや歯間ブラシ

歯ブラシで歯を磨いたら、さらに糸ようじや歯間ブラシを使うのが正しい方法です。
すると歯ブラシだけでは落とせなかった汚れもしっかり落として、口内を綺麗な状態にできます。
最新の口腔ケアをするなら、そのような道具を活用するのが良い方法です。
ただ糸ようじを使う場合は、無理に力を入れて引っ張らないように注意しましょう。

無理に糸を通そうとすると歯茎が傷つき、そこからバイ菌が侵入する恐れがあります。
また糸ようじには様々なタイプがあるので、自分の使いやすいものを選んでください。
歯磨きは朝と昼と夜に行うのが一般的ですが、忙しくて時間がない人は夜の1回だけでも構いません。
夜の口腔ケアを念入りに行うことで、虫歯菌が繁殖することを防げます。

仕上げにマウスウォッシュを使う

さらに歯間ブラシや糸ようじを使ったあとは、マウスウォッシュを使うのが正しい順番です。
仕上げ用に、マウスウォッシュを購入しておきましょう。
コンパクトな容器にマウスウォッシュを入れて、持ち歩くのもおすすめです。
すると外食をして歯を磨けない時に、マウスウォッシュで口をゆすぐだけでも口腔ケアに繋がります。

ですがマウスウォッシュは刺激が強くて、苦手だと思っている人が多いです。
そのような人はミント成分が含まれておらず、低刺激とパッケージに書かれているマウスウォッシュを選択してください。
それなら通常の製品に比べて刺激が少ないので、子供でも使えます。
家族みんなで、マウスウォッシュを使いながら口腔ケアに努めましょう。


この記事をシェアする