口腔ケアをしっかりしよう

歯磨きだけのケアはもう古い?最先端の口腔ケア

歯医者で行う口腔ケア

もっと本格的に口腔ケアをするなら、歯医者に行きましょう。 そこでクリーニングをしてもらい、検診を受けてください。 クリーニングをしてもらうことで、歯垢や歯石も綺麗に落とせるので安心してください。 定期検診を受けると、自分が虫歯になっていないのかわかります。

歯をコーティングする

みなさんは、フッ素という成分を聞いたことがあるでしょうか。 これを歯に塗ることも、立派な口腔ケアに繋がります。 歯医者で依頼できるので、クリーニングの時にしてもらいましょう。 定期的にフッ素を塗り、歯に汚れがつかないようコーティングするのが良い方法です。

おすすめの口腔ケアとは

普段は、何を使って口腔ケアを行っているでしょうか。 歯ブラシだけで済ませている人は、まだ足りないと思ってください。 最新の口腔ケアを自宅で実行するなら、歯間ブラシなどの道具を使いましょう。 すると歯ブラシだけを使った時より、汚れをたくさん落とせます。

歯ブラシ以外の道具

歯を磨いて、満足している人が見られます。
しかし本格的に口腔ケアをするなら、それだけで終わらないでください。
歯ブラシで歯を磨いたら、次に糸ようじや歯間ブラシを使いましょう。
そして最後にマウスウォッシュで口をゆすぐことで、口内の汚れのほとんどを除去できます。
実は歯磨きだけでは、全体の半分ほどの汚れしか落とせていないと覚えておきましょう。
自分に合う糸ようじや歯間ブラシを使うことが、口腔ケアのポイントです。

しかしそれらの道具を使っても、歯にこびりついた歯垢や歯石は落とせません。
汚れを放置すると虫歯菌が繁殖する原因になるので、歯医者で取ってもらってください。
これを、歯のクリーニングと言います。
クリーニングをすることで口内全体が綺麗になり、虫歯になるリスクを下げられます。
またこの時に、口内をチェックしてもらうと良いでしょう。
医師なら、まだ初期症状の虫歯でも見つけて治療してくれます。

最近は、歯にフッ素を塗ってくれる歯医者が増えています。
フッ素は歯に汚れをつきにくくする効果があるので、ぜひ塗ってもらってください。
歯のクリーニングや定期検診は、2か月から3か月に1回のペースで訪れるのがおすすめです。
前回歯医者を訪れてから3か月以上の期間が空くと、口内環境が悪くなっていても気づけません。
それでは口腔ケアができないので、時間を確保して訪れてください。
平日は忙しい人は、休日に診察ができる歯医者を利用しましょう。